仕事を辞めたいと思う理由【4選】

スポンサーリンク
仕事

仕事を辞めたい時って、働いていれば誰しもが訪れると思います。

でも、本当に辞めていいのか。

続けた方がいいのか。

分からない。。

そんな思いを持ちながら、日々働いているサラリーマンのみなさん。

今回は私が「こう思うなら、こうされたら、辞めた方がいい。」というのを紹介していきます。

もちろん、偏見で説明していきますので、仕事を辞めた方がいいのか悩んでいる人への参考として読んでもらいたいです。

仕事を辞めるべき理由

給料が割に合わない

一生懸命、働いているのに思っていたより給料がもらえない、上がらない。

そう思う人は一度、転職を検討した方がいいです。

それは、今働いている企業があなたの成果並みに給料を払える体力がないか、他の赤字を出している社員の給料に充てられている可能性があります。

割に合わない金額は人それぞれなので、具体的な金額は言えませんが、少ないと感じるなら、そのタイミングでいいです。

フルコミッション(完全成果型)であれば、稼いだ分だけお金をもらえますが、調子の良いときもあれば、悪いときもありますので、長続きしません。

成果以外にも会社に貢献する方法はたくさんあります。

社員を育てる、業務の内容を効率化する、事務負担を減らす、など。

そういった貢献度合いに対して、給料が割に合わないと感じるのであれば、仕事を辞めることを検討してみてください。

ですが、ただ忙しいからと言って、給料が割に合わないと考えるのはやめましょう。

「忙しい=稼いでいる」は成立しません。

私が今いる会社の先輩にも不満ばかり言っている人がいますが、その人は忙しい、忙しいと言っているのに、成果は人並み以下です。

給料というのは、自己満足に対して払われるものではありません。

付加価値(儲け、成果、生産性)を生み出した人に対して払われるものだと思っています。

雑談中や人事評価において、他人から評価される仕事をして、自分の給料の割を判断しましょう。

休みが少ない

「働き方改革」という言葉が世の中で出てからは、だいぶ休みを取りやすい社会になったと思います。

しかし、その中でも業務が終わらず、周りは休んでいるのに、自分は休めないと思っている人は、退職を検討した方がいいです。

周りからは効率が悪いからとか、能力が低いからとか言われるかもしれませんが、能力がある人・ない人の仕事を処理できる差なんてどんなに差があっても、倍にはなりません。

「時間」というのは、平等に与えられているので、その中で変わることは些細なことです。

その些細なことができるかできないかが、能力のあり・なしに分かれてしまう原因です。

しかし、それを考慮しても休みが取れない人は、明らかに与えられている業務量が間違っています。

誰かの分まで働いていませんか

周りと比べて休みが取りづらい人は、明らかに便利に使われているだけですし、状況を変えようにも、もう立ち位置として、そういう便利な人間を思われてしまうと、その会社の中で自分の立ち位置を変えるのはなかなか難しいです。

いっそのこと、辞めてしまった方が新しい環境で再スタートをすることができます。

自分より劣っていると思う人と待遇が変わらない

同じ営業職、事務職で働いているとどうしても、他人と比べてしまいますよね。

でも、成果や生産性において、自分より劣っている人と待遇が変わらないとしたら、どう思いますか?

「えっ?」ってなりますよね。

陰で、上司に気に入られるようにしている可能性もありますし、人事が人を評価する能力がないこともあり得ます。

同じ環境で、自分より劣っていると思う人と待遇が同じであれば、それも辞める理由にしてもいいと思います。

これは、愚痴になりますが、私が働いている会社では外周りと内勤の給料が変わりません。

というか、みんな総合職で採用しているので待遇面は同じなのですが、男性は外・女性は中という風土が出来上がっているので、入社した瞬間から男性は外回りをさせられ、内勤になることは滅多にありません。

そのくせ、男性は遅くまで働き、女性は定時に帰る。

許せない!!ってなりますよね。

こういう会社の利益を上げる部署にいるので、内勤と比べても給料が変わらない。

同じ部署の中、もしくは他の部署と自分の部署の仕事を比べて、待遇が同じだと不満があるのであれば、辞めた方がいいです。

はっきり言って、時間を無駄にしています。

上司・同僚からいじめられる

中学生かよ、って思うかもしれませんが、実際働いているとこういったことってよくあります。

気に食わない人にいじわるをする。

出る杭は打たれる。

最低だし、社会人として恥ずかしい行為だと思いますが、一緒に働きたくないと思っていても、同じ会社にいるということは、転勤してもまたどこかで必ず会います。

職場に行くのが苦痛でなるくらいであれば、辞めてしまいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他にも、仕事を辞めた方がいい理由はあると思いますが、私的にはこれがけっこう辞めようか迷う基準になります。

昔の日本は、年功序列で辞めない方が給料も上がるし、同じ会社に勤めきるというのが美徳を思われていましたが、今は違います。

働き方、働く場所は自由なのです。

憲法でも「職業選択の自由」があるほど、今は働きたいように働く、生きたいように生きるのが当たり前です。

とは言っても、人に迷惑をかけるような行為はだめですよ。

辞めたいけど、上司から引き留めにあっている。

引き留めはあなたのためではありません。

上司は部下が辞めてしまうと人事評価が下がるから、引き留めをしているのです。

それに、辞めようとしている人間がとどまったとしても、「一度は会社を辞めようとした人間」を認識され、まともな扱いはされません。

一度、辞めようと思ったら、やっぱり続けるのはNGです。

辞める以上に後悔します。

一度会社を裏切った人間とは言われませんが、愛社精神はないと判断されますので、昇進昇格のスピードは遅くなります。

年を重ねていくと辞めても、再就職も窓口は狭くなりますので、少しでも今働いている会社に不満があるのであれば、辞めて他の世界を見た方がいいですよ。

「その会社の常識は、世間の非常識」なんてことはよくあります。

会社を辞めようか悩んでいる人の少しでも参考や後押しになってもらえると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました