ウルトラワイドモニターを買ったら、予想以上に使いやすかった

スポンサーリンク
仕事

みなさん、こんにちは。

先日、Amazonプライムデーにて「ウルトラワイドモニター」購入しました。

こういうセールの時くらいしか大きな買い物なんてできないので、前から気になっていたLGのウルトラワイドモニター(29WP60G)を思い切って購入しました。

使ってみると、予想以上に使いやすくて

「なんでもっと早く買わなかったんだろう」

と後悔したくらいなので、この記事でウルトラワイドモニターをおすすめする理由を書いていきますので、ウルトラワイドモニターを購入しようか検討している人は、ぜひ最後まで読んでもらいたいです。

買おうと思ったきっかけ

そもそも、何でウルトラワイドモニターを買おうと思ったのかと言いますと、

かっこいいから

これだけです。

営業マンとして、いろいろな会社に行くのですが、最近ウルトラワイドモニターを使う会社が増えたような気がします。

3社に1社はウルトラワイドモニターを使用していました。

ネットでウルトラワイドモニターについて調べていると、「作業効率が上がる」とか、「動画が見やすい」などと言った前向きなコメントが多かったので、気にはなっていたのですが、パソコンモニターのような高い買い物はなかなか踏ん切りがつかずにいました。

そんな時、気になっていたウルトラワイドモニターがAmazonプライムデーでセール対象品になっていたし、ボーナスも入ったので、「今しかない」と思い買いました。

本当は34インチが欲しかったのですが、「最初から大画面すぎかな」とビビッてしまい、29インチのモニターにしました。

使用感を見て、いつか買い替える時に34インチも考えようと思います。

買って感じたメリット

画面がとにかく広く使える

一般的なモニターの縦と横の比率は「16:9」なのですが、ウルトラワイドモニターは「21:9」の比率になっています。

縦の大きさはそんなに変わらないのですが、横がとにかく長いです。

普通のモニターの2画面弱の広さを1つの画面で賄っています。

なので、一台で二台分の広さで活躍してくれます。

マルチモニターとは違い、画面が切れない

マルチモニターは2画面以上使いますので、その際はどうしても画面と画面の間に余分な隙間ができてしまいます。

ウルトラワイドモニターであれば、この余分な隙間がなくなりますので、目を動かす時のストレスが少ないです。

買って感じたデメリット

それなりにデスクのスペースが必要

横に長いので、それなりの広さのデスクが必要になります。

私が使っている29インチのモニターで「高さ40.5センチ、幅68.9センチ」ありますので、幅100センチのデスクだとモニターだけでスペースが埋まってしまいます。

最低でも幅140センチのデスクは必要だと思います。

ちなみに、私はIKEAの幅140センチのデスクを使っています。

普通のモニターより高い

これはもうピンキリなのですが、普通のモニターより大きい分、同じ性能だと少しウルトラワイドモニターの方が高いと思います。

しかし、私が買ったLGのウルトラワイドモニターはセール前でも3万円台で買えましたし、普通のモニターで5万円以上するものもありますので、性能やメーカーにこだわりがなければ、必要最低限の性能を持っている安いモニターで十分だと思います。

まとめ

ウルトラワイドモニターについてメリット・デメリットを書いてみたのですが、いかがでしたでしょうか。

「ウルトラワイドモニターなんてゲーマーしか買わない」なんて思う人もいるかと思いますが、実際には会社で使っているところも多いですし、家で使ってもとても使いやすいです。

ぜひ、ウルトラワイドモニターを買おうか迷っている人や、モニターを買い替えようとしている人は「ウルトラワイドモニター」を買ってみてください。絶対に後悔しないですから。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました