【ヘッドセットで悩んでいる方へ】ゲーミングヘッドセットのメリット・デメリット

スポンサーリンク
暮らし

「ゲーミングヘッドセット」のメリットとデメリットについて、記事を書いていきます。

ゲーミングヘッドセットは、「ゲーマーが使う」というイメージが強いですが、ゲームの時以外でもけっこう使えます。

ゲームの世界大会とかテレビで見ていると、多くの人がゲーミングヘッドセットをつけていますが、普段の生活でも、テレワークしてて自宅から会議に参加するときとか、スカイプとかで友達と通話するときなんかはけっこう使う人も増えてるんじゃないでしょうか。

そんなゲーミングヘッドセットをこれから買おうか悩んでいる人向けにメリット・デメリットをまとめていきます。

ゲーミングヘッドセットのメリット

機能が多い

ゲーミングヘッドセットにはついている機能がたくさんあります。

ノイズキャンセリング・マイク・マイクミュート・音量ボタン・重低音など。

値段によって、機能の数や効果はまちまちですが、全体的に機能が多い=高性能だと思います。

有線の場合、コードも丈夫なものが多く、断線する心配は少ないです。

それと、耳あて部分が柔らかい素材になっているので、耳が痛くなることもありません。

イヤホンだと耳に押し込む形でつけますので、長時間の使用だとだんだん耳が痛くなってきますが、ヘッドセットだとそれがないので、長時間の使用でも問題ありません。

マイクもついてて通話もできる

ゲーミングヘッドセットって、音を正確に拾うことがメインだと思われがちです。

実際、間違ってはいないのですが、マイクがついていますので、ゲーム中に会話することもできます。

このマイクはスカイプとかで日常でも使うことができます。

私はけっこうスカイプで3時間くらい友達とゲームしたり、他愛のない会話などをするのですが、ヘッドセットで会話をしています。

コードが長い

これは、有線の場合に限られますが、コードが長いです。

一般のイヤホンとかだと、コードの長さは1.2mのものが多いと思いますが、ゲーミングヘッドセットであれば、2mするものがあります。

これだけ長ければ、デスクトップパソコンの後ろに繋ぎっぱなしにしておけます。

それに、少し離れたところにあるものを通話しながら、取りたいときなんかもヘッドセットをつけたまま、移動することができます。

部屋のレイアウトにもなる

ゲーミングヘッドセットのみならず、ヘッドセットっておしゃれですよね。

使わないときなんかはパソコンの横や専用のフックとかにかけておくだけでレイアウトが映えます。

ゲーミングヘッドセットにはイヤホンマイク用のジャックの他にLEDライト用のUSBがついていて、このUSBをパソコンにつなぐと、ヘッドセット自体が光ります。

パソコンデスクの横に置いておくだけで、デスク周りがより一層おしゃれになります。

ゲーミングヘッドセットのデメリット

比較的値段が高い

値段はピンキリですが、全体的に一般のイヤホンより高価なものが多いです。

Amazonとかだと3,000円くらいですが、専門メーカーとかのものだと10,000円を超えるものもあります。

私はAmazonの3,000円くらいのものを使っていますが、ゲームも通話も十分に使えています。

こだわりが強い人や本格的にゲームをしている人は10,000円クラスのゲーミングヘッドセットの方が良い人もいるかと思いますが、最低限のヘッドセット機能を求めている人にとっては、3,000円クラスで十分だと思います。

耳周りが蒸れる

ヘッドセット自体が耳を完全に覆いますので、耳が蒸れます。

特に夏場はヘッドセットを取った後、イヤホン部分やヘッドバンド部分が汗だくになります。

夏場でヘッドセットを使う際は、気をつけてください。

髪型が潰れる

ヘッドバンド部分が頭に直接つきますので、髪型が潰れます。

髪の短い人はヘッドセットをつけた部分だけ髪型が潰れますので、外出前はヘッドセットの使用を控えた方がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。

ゲーミングヘッドセットは機能がたくさんあり、本当に便利です。

一度使うと、便利すぎてずっと使いたくなってしまいます。

ですがその反面、値段が高かったり、汗で蒸れたりしてしまいます。

私は汗っかきなので、夏場は普通のイヤホンを使い、冬はゲーミングヘッドセットを使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました