おすすめの資格勉強方法

スポンサーリンク
仕事

みなさん、こんにちは。

「資格勉強って、何をすればいいのか分からない」

こういった悩みにお答えします。

今回は、仕事をしながら資格勉強をする人向けにおすすめの勉強方法をお伝えします。

おすすめの資格勉強方法

過去問をひたすら見る

これだけでほとんどの資格試験は合格にかなり近づけると思います。

正直、資格試験って過去の問題の使いまわしが多いです。

資格試験の問題の中身は

  • 正しいものか誤っているものを答える
  • 〇×問題

など言い方や答え方を変えたりしていますが、問題の内容は過去の問題を使いまわしていることが多いです。

法律が変わったりすると、答え自体が変わることもありますが、過去問も答えはそれも見越して作られています。

なので、過去問集をひたすら見ているだけで出題範囲や答えの傾向が見えてくるようになります。

過去問は一冊で十分です。

何冊も買っても、問題の内容が被るケースがありますので、一冊購入してその内容を見るだけで十分です。

よくノートに一生懸命書いて覚えようとする人がいますが、答えの傾向を覚えてしまった方が時間短縮に繋がり、効率が良くなります。

私自身、一つの資格試験を受ける際は過去問を一冊購入し、ひたすたそれを見るだけにしています。

満点を目指さない

満点を目指そうとすると、出題範囲全部を覚えようとしてしまいますが、そんなことする必要はありません。

資格試験は合格点以上取れれば、ギリギリだろうが満点だろうが同じなのですから。

資格試験の合計点は「60点」のものが多いですが、「60点取ろうと考えるより、40点分は間違えられる」という考えで望んだ方がリラックスして試験に挑むことができます。

満点を目指さず、「広く・浅く」問題の範囲を勉強するようにした方がいろいろな問題に柔軟に対応することができます。

毎日ちょっとでも過去問に目を通す

資格試験をする際、休みの日や残り一週間でまとめて頭に入れようとしますが、それだと正直覚えられません。

最低でも「1か月前」から勉強を始めるようにしてください。合格できるか自信のない人は「3か月前」から勉強を始めるようにしてください。

通勤通学の移動時間や休み時間、寝る前などの時間のうち、数十分でいいので、必ず一日に一回以上は問題に目を通すようにしてください。

ルーティンを作るのもアリだと思います。例えば

  • 通勤通学の電車の中で問題を見る
  • 寝る前に〇ページ分は問題を見る
  • 仕事の日は〇ページ、休みの日は〇ページ問題を見る

など。こういったかんじに自分の行動パターンを作っておいて、あとはそれを継続することで資格勉強のモチベーションを維持できますし、資格の知識を常に頭の中に入れておくことができますので、覚えているか不安にもなりますが、知らず知らずのうちに頭の中で知識は貯まっていっています。

覚えられるか不安

  • 過去問を見るだけで覚えられるか
  • 文字を書いた方が覚えられるのでは

紹介した勉強方法だとこういった不安を持つ人もいるかと思います。

正直、今回紹介した勉強方法で必ず合格できるものではありません。ただ、効率的に勉強することはできます。

仕事をしながらで、出題範囲を全部文字で書くなんて作業をしていたら、時間が足りなすぎます。

学生であれば勉強が本業ですから文字を書いて覚えることができると思いますが、社会人の人の勉強方法で同じことをすることはおすすめしません。

「継続は力なり」過去問を見て、合格を目指しましょう

社会人の人の勉強方法には過去問がおすすめです。

毎日、ちょっとでも問題に目を通すだけで、知らず知らずのうちに資格に関することの知識が身に付きます。

「継続は力なり」ですので、長期間の戦いにはなりますので、たまに休息を入れながら、かと言ってサボりすぎず資格勉強を頑張りましょう。

今回は以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました