同じスーツを毎日着ることで仕事に集中できるようになる

スポンサーリンク
仕事

みなさん、こんにちは。

私は今、サラリーマンをしているのですが、スーツはネイビーのもの一種類を3着持っていて、毎日同じ種類のスーツを着るようにしています。

なぜ、このようなスーツの選択をしているのかについて記事を書いていきます。

”あの有名な経営者”も同じ服を着ている

同じ服を毎回着るということは、実は有名な経営者であるスティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグなども取り入れています。

彼らは日々、忙しい中で「徹底的に無駄を省く」ことをしています。無駄を省くということでやれることはルーティンを作るということでもあります。

同じ行動を取り入れることで無駄が無くなり、別のことに集中できるようになります。

余計な思考が減る

成功している経営者が言うように無駄を省くことで余計な思考が減ります。

仕組化できるものはとことん、仕組化していく

ということなんですね。

他にも以下のようなメリットがあります。

毎日、ネクタイや靴などとの相性を考えなくていい

毎日着るスーツを選ぶ時、何から選びますか?

スーツの色?ネクタイの色?靴?

この時点ですでに朝の行動に無駄が発生しています。

この中で仕組化できるものはスーツと靴です。

スーツを靴を同じものを着ることで、考えることはネクタイの色だけになります。

正直、ネクタイの色やデザインを毎日変えていれば、同じスーツを着ているなんてことはあまり言われません。

私自身、ネクタイは10本くらい持っていて、並べ方を仕組化しており、毎日違うネクタイをつけられるようにしています。

新しいスーツが欲しければ同じお店に行けば同じものを買える

仮に、着ているスーツが破けたり汚くなり、買い替えが必要になったとしても、お店に行くかネットショップで過去の履歴から同じものを購入すれば、いちいち予算やデザインを考えなくていいので、買い物の時間短縮が図れます。

スーツ自体、無難な色は「ネイビー」一択です。黒は冠婚葬祭のイメージが強いですし、グレーは着る人を選ぶような気がします。ネイビーのスーツであれば万人向けだと思います。

他の人に言われる

とは言え、取引先は毎日会わないのですが、職場内の人からは「この人毎日同じスーツを着てる?」なんて言われると心配するかもしれません。

心配ご無用!スーツを毎日同じものを着ている人はけっこう世の中にたくさんいます。

私の勤めている会社では、同じスーツをずっと着て、半年に一度クリーニングに出す時だけ、違うスーツを着るようにしているなんて人もけっこういます。

正直、スーツや靴は毎日違うものを着た方が生地が休まりますので、長持ちすると思います。

なので、同じスーツや靴を何着か持つことで、生地を休ませつつ、余計な思考を減らすことができます。

私は、冒頭書いたように、同じスーツを3着持っています。他に靴も同じデザインを3足、ネクタイは違うものを10本、ワイシャツ5着を着回しています。

さすがにワイシャツは毎日洗わないと汚くなりますからね。。

でも、ネクタイを毎日変えるだけで印象はかなり変わります。服装について言われる内容も「今日のネクタイはおしゃれだね」くらいですから。ネクタイを変えるだけで違うものを着ているという印象を与えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日着るスーツですが、同じものを着ることでルーティンが出来ますので、余計なことを考えずに朝の行動をすることができます。

日々忙しいからこそ、変えるところは変え、変えないところは変えないようにして、仕事への集中力を高めていきましょう。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

面倒なフリマアプリへの出品を代わりに!【マカセル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました